スポンサーリンク
HDD管理

【HDD故障予防】長持ちさせるには【湿度・結露対策を実践!】

当記事では私が行うHDDの湿度・結露対策について紹介しています。夏場に冷えたコップに結露が発生したという経験等はありませんか?結露は湿度と強く関係し、HDDに影響することがあります。当記事の対策により、HDD故障の予防につながれば幸いです。
HDDデータ漏洩対策

コマンドプロンプトの「cipher /w:」でHDD消去はどのくらい時間がかかるのか?(2.5インチ SATA 80GB)

コマンドプロンプトのcipher /w:でHDDを消去した場合、どのくらい時間がかかるのか検証しました。消去したHDDは内蔵型、容量80GB、HDDサイズは2.5インチ、接続規格はSATAで、USB変換アダプタにて外付けで接続しました。
HDD接続

外付け内蔵HDDが一見認識していない時の対処法(原因が初期化・フォーマットがされていない場合)

初期化・フォーマットがされていない場合、内蔵型HDDを外付けでPCに接続してもエクスプローラーでフォルダが表示されず、一見認識していないような状態になります。このような場合、どのように対処すればいいか、当記事で解説しております。
HDDデータ漏洩対策

コマンドプロンプトのclean allでのHDD消去時間(SATA・3.5インチ・80GB)

コマンドプロンプトのclean allはどのくらい時間がかかるのかを実際に調べました。消去の対象としたストレージは「HDD・3.5インチ・SATA端子・容量80GB」です。本記事では実際どのくらいの処理時間がかかったのかを紹介しております。
HDDデータ漏洩対策

コマンドプロンプトのdetail diskでHDDを確認する方法

DiskPartコマンドのclean allは消去するHDDを間違えず選択する必要があります。そこでHDDやSSDの型番確認に活用できるDiskPartコマンドの『detail disk』があります。参考までに確認されたい方はご覧ください。
HDDデータ漏洩対策

『clean all』の手順について解説!!【HDDのデータ消去方法】

本記事ではcmdのclean allを行うHDDのデータ消去方法を解説しています。きちんとした消去をしておかないとデータを復元され個人情報等を悪用される恐れがあります。clean allでの消去はデータ復元のリスクを削減することができます。
HDD接続

内蔵HDDを外付け化しPCに接続!!【SATA/IDE・変換アダプタ】

当記事ではPC等に使われている内蔵HDDを外付けで接続する方法を解説しています。内蔵HDDを外付けでPCに接続したい!と考えたことはありませんか?実は変換アダプタで簡単に外付けで接続できます。実際に使用した変換アダプタについてご紹介します!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました