誤消去したデータを復元したい…様々な記録媒体を復旧する会社を紹介!

「削除したファイルを復元できる?様々な記録媒体を復旧する会社を紹介!」記事のアイキャッチ画像HDD管理
スポンサーリンク

誤消去したデータを復元したい…
間違ってフォーマットしてしまった…
だけど自分でデータ復元作業を行うのは不安

お悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか?

昨今は様々なデータ復旧ソフトが販売されています。しかし、ご自身でデータ復旧作業をする場合には不安があり、データ復旧専門業者に依頼を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

データ復旧作業の不安
  • 「誤消去したデータを復元したいけど、自分で復元作業をするのは不安…」
  • 「誤消去したデータの復元を専門業者にお願いしたいけど、どこにお願いしたらいいのか…」
  • 「誤消去したデータの復元を専門業者にお願いしたいけど、料金が心配…」

データ復元には非常に手間がかかる場合があります。かといって専門業者に依頼すると高額な費用になるのではないかと不安になります。

しかし実は、「HDDやSSDだけでなく、光ディスクといった様々な記録媒体に対応」「軽度な症状によるファイル喪失に関して対応し、比較的安価かつ分かりやすい料金体系」でデータ復旧サービスを提供している会社があります。

データ復旧サービスは高度な設備・技術を要しますので、場合によっては10万円以上といった高額な金額になることもあります。

しかし、軽度な症状の場合に限り対応し、その分比較的安価かつ分かりやすい料金体系でデータ復旧サービスを提供している会社がありますので、当記事で紹介いたします。

この記事で紹介していること

当記事では、「様々な記録媒体に対応し、比較的安価かつ分かりやすい料金体系」でデータ復旧サービスを提供する@IDEA(合同会社アットアイデア)【データ復旧サービス】についてや、補足事項等を紹介しています。

※データ復旧サービスの前にデータ復旧前検査(税込み110円)をおすすめいたします。
データ復旧前検査の詳細は当記事下部の「データ復旧サービスに申し込む前に『データ復旧前検査』を推奨!!」の項にて説明しております。

誤消去したデータを復元したい」といった軽度な症状の場合でデータ復旧の専門業者に依頼をする際に、様々な記録媒体に対応・比較的安価かつ分かりやすい料金体系でデータ復旧サービスを提供している会社を把握しておけば、いざデータを誤消去してしまったときにすぐ依頼することができます。

参考までに確認されたい方はご覧になってください。

スポンサーリンク

データ復旧ソフトのメリット・デメリットについて

昨今、様々なデータ復旧ソフトが販売されています。

データ復旧ソフトは、専門のデータ復旧業者に依頼するよりも比較的安い金額で復旧作業に取り掛かることができます。

しかし、データ復旧ソフトに関してもメリット・デメリットがありますので以下に当記事で挙げる例をご紹介します。

データ復旧ソフトのメリットの
  • 比較的安い金額で復旧作業に取り掛かることができる。
    • データ復旧ソフトの価格は、データ復旧専門業者の料金よりも比較的安い金額で購入することができます。さらにデータ復旧ソフトによっては無料体験版がありますので、事前に復旧できる可能性のあるデータを確認することができる場合があります。
データ復旧ソフトのデメリットの
  • ソフトによって復旧できるデータ・復旧できないデータが出てくる可能性がある。
    • データ復元ソフトは様々な会社が提供しており、ソフトによってそれぞれ仕様が異なります。そのため、「Aというソフトでは復元できなかったが、Bというソフトでは復元できた」というように、ソフトによって復旧できるデータ・復旧できないデータが出てくる可能性があります。
  • 物理障害が起こっている場合はデータ復旧ができない。
    • 記録媒体のデータ喪失の障害は、基本的に「物理障害」と「論理障害」に分けられます。物理障害が起こっている場合はデータ復旧ソフトでは復旧できません。
      ※当記事で紹介しています@IDEA(アットアイデア)は、物理障害の場合は対応ができないとされていますのでご注意ください。
      物理障害論理障害に関しては下記の項「ファイルが喪失する原因になる論理障害・物理障害とは?」にて紹介しております。
  • 記録媒体の症状によっては、より状態が悪化する可能性もあり。
    • 記録媒体の症状によっては、より状態が悪化し復元できたはずのデータが復元できなくなる恐れもあります。例えば、重度な物理障害が起こっている場合、無理にデータ復元ソフトを使用し記録媒体を通電させることで症状が悪化する可能性もあります。
  • ソフトの仕様・操作方法・注意事項等を把握する必要あり。
    • 昨今様々なデータ復元ソフトがあります。そのためソフト独自の操作方法や、データ復元ソフトを使用する前の注意事項等を把握して利用する必要があります。

以上のように、データ復元ソフトにはメリット・デメリットがあると考えます。

金額面を最優先し、デメリットに関して許容できる場合は市販のデータ復旧ソフトを使用することがおすすめできると考えます。

しかし、デメリットが憂慮される場合には、データ復旧のプロである専門業者に依頼する方がよいと考えます。

デメリットが心配な時はデータ復旧のプロ(アットアイデア)に依頼のイラスト

データが喪失する原因になる論理障害・物理障害について

データ復旧依頼をする前に把握しておいた方がいい点として、データを誤消去してしまうことも含めデータが喪失する原因は大きく分け「論理障害」や「物理障害」があります。

ここで注意が必要なのは、@IDEA (アットアイデア)物理的な損傷」(物理障害)が発生している場合は対応していないことです。

※物理的な損傷には対応できかねます。

出典:@IDEA(アットアイデア) データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)

論理障害」と「物理障害」について、以下に当記事の簡単な解説をいたします。

論理障害とは?(ファイルシステムの破損など)

論理障害とは、端的に申し上げますとシステム上での障害によりデータにアクセスできない障害になります。論理障害は、物理障害と比較しますと比較的軽度な障害に分類されます。

以下に論理障害の例を挙げます。

記憶メディアにおける論理障害の例
  • ファイルシステム(保存されたデータを管理・操作するためのシステム)の損傷
  • コンピュータウイルス感染によるデータの損傷
  • OS(オペレーティングシステム)の損傷

@IDEA(アットアイデア)では物理的な損傷による障害ではなく、「軽度な障害」(論理障害や、データを誤消去してしまった場合など)であれば、データを復旧できる可能性があります。

データ復旧サービスとは?

操作を誤って消えてしまったデータを復活させるサービスです。 経年劣化で消えてしまった、削除してしまった、上書きしてしまった、アクセス中に取り外してしまい認識されなくなったなどのアクシデントがありましたらご相談ください。

出典:@IDEA(アットアイデア) データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)
HDDが復旧可能であることを表したイラスト

物理障害とは?(物理的な損傷)

物理障害とは、端的に申し上げますと物理的な損壊によりデータにアクセスできない障害となります。物理障害の原因例としては主に「振動・衝撃・熱・静電気・経年劣化」といったことが挙げられます。

以下に物理障害の例を挙げます。

物理障害の一例
  • HDDの場合
    • 駆動中に衝撃や振動を与えてしまい、駆動中の磁気ヘッドがプラッタが傷付く。
    • 衝撃や経年劣化により磁気ヘッドが故障しプラッタに記録されているデータを読めなくなる。
  • SSD・USBメモリ・SDカードの場合
    • 衝撃や熱・静電気により基板や内部フラッシュメモリの損壊。

物理障害は、基本的に重度な障害に分類されます。データ復旧作業の難易度が増すため、専門業者におけるデータ復旧料金もより高額になります。

@IDEA(アットアイデア)によるデータ復旧サービスは、物理的な損傷(物理障害)には対応していないため注意が必要です。もし物理的な損傷(物理障害)が疑われ専門業者に依頼する場合は、より高額なデータ復旧サービスになることを想定しなければなりません。

@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービスは軽度な障害の場合におすすめです。

「論理障害」と「物理障害」の見分けるのは難しい可能性あり

システム上での障害(論理障害)か、物理的な損傷(物理障害)は、データ復旧に関連するリテラシーが無いと見分けるのは難しい可能性があります。理由としまして、一見は論理障害に見えても、実は物理障害であることもあるためです。

「パソコンに接続して認識されたため、システム上での障害(論理障害)である」とも断言できません。

ですので、正確な判断を希望する場合はデータ復旧の専門家に診断をしてもらうことが一番です。

@IDEA(アットアイデア)は、復旧の可能性があるデータをプロが「診断」するデータ復旧前検査税込み110円で受け付けています。

データ復旧前検査公式ページはこちら↓
\ 記録媒体復旧のプロが診断! /

データ復旧前検査@IDEA

費用は税込み110円です!!
※送料は負担する必要があります。

「論理障害」・「物理障害」判断基準目安 ※注意点あり

「論理障害」と「物理障害」の判断は、上記の項『「論理障害」と「物理障害」の見分けるのは難しい可能性あり』で紹介しましたように、データ復旧のリテラシーが無いと判断が難しい可能性があります。

しかし、以下に簡易的な判断基準の例をまとめましたので紹介いたします。

※注意点※
実際に100%物理障害であると断言できるわけではなく、あくまでも可能性ということになりますのでご了承ください。判断が付かない・正確な判断をしたい・ご自身で判断をするのが不安という方等は、専門業者に診断を依頼することをおすすめいたします。

物理障害である可能性
  • HDDの場合
    • HDDから異音(カチンッカチンッ、カコンッカコンッといった音)がする。
      • 磁気ヘッド部に異常があり、データを記録しているプラッタにアクセスできていない可能性がある。
  • SSD・USBメモリ・SDカードの場合
    • パソコンに接続しても全く認識されない場合。※ただし、接続したパソコン側に障害が発生している場合を除く。
論理障害(軽度な症状)である可能性が高い
  • データを誤消去してしまった場合
    • ※ただし、何もしていないのに急に「フォーマットをしますか」といったメッセージが出てフォーマットをし削除してしまった場合は除く。何もしていないのに急に「フォーマットをしますか?」といったメッセージが出る場合は物理障害が起こっている可能性もある。

※正確な判断は、専門技術・知識を持つ方に診断をしてもらうことが確実です。

専門業者によるデータ復旧作業は非常に高度な作業

専門業者によるデータ復旧作業は非常に高度な作業になります。例として重度の障害が発生しているHDDの場合、クリーンルームなどの設備が必要になるケースがあります。

物理障害が発生しているHDD復旧作業の場合で、一般的なデータ復旧作業の例として一部以下に簡単な紹介をいたします。

物理障害が発生しているHDD復旧作業の簡単な1つの例
  1. HDDを解体しても問題がないクリーンルームという設備内で解体する。
  2. 解体したHDDを短時間でも使用できる状態に復旧する。
  3. 速やかに別媒体にデータ移行作業を実施。

クリーンルームとは…
HDDの大敵であるホコリなどの浮遊粒子を一定の数値以下にできる設備。HDDは内部にホコリがわずかでも侵入しただけで故障してしまうため、HDDを解体する場合は専門知識・技術を持つ者が設備の整ったクリーンルームで行う。

クリーンルームのイラスト

物理障害といった重度な障害が発生しているHDDのデータ復旧は、高度な設備や技術が必要になりますので、10万円以上するような高額な費用が発生するケースがあります。

しかし、@IDEA(アットアイデア)では物理障害が発生していない簡易な障害に限定して対応しており、基本的に1台あたり10万円以上するような高額な費用になることなく対応しています。

料金に関しましては、当記事下部の「比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい」の項の中で紹介しています。

@IDEA (合同会社アットアイデア)について紹介!

@IDEA (合同会社アットアイデア)は、HDDやSSD、光ディスク(CD・DVD・ブルーレイ)、USBメモリ、SDカードといった様々な記録媒体の復旧を専門に行っています。

データ復旧サービスだけでなく、光ディスク(ゲーム・DVD・CD)のディスク研磨サービスも行っています。

ご家庭やオフィスにある読み取れなくなったメディアを様々な技術で復旧をおこなう「記録媒体の総合診療医」です!

出典:光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/
(最終閲覧日:2022年7月26日)

多種多様な記録媒体に対応(HDD・SSD・光ディスク・USBメモリなど)

@IDEA (合同会社アットアイデア)は、記録媒体の復旧業務を専門に行っている会社です。HDDやSSD、USBメモリ・SDカードだけでなく、光ディスク(CDやDVD、ブルーレイ)など様々な記録媒体の復旧業務を行っています。

【参考】@IDEA (アットアイデア) データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月14日)
@IDEA(アットアイデア)取り扱い記録媒体
光ディスクCD、DVD、BDおよびそれらの書込可能タイプ
HDDSATA、IDE、SCSI(3.5インチ、2.5インチ、その他)
SSDSATA、M.2、PCI-EXPRESS
USBメモリ・
各種メモリカード
SD(HighSpeed,ProHighSpeed,Class2,4,6,10)、
Wii・DSi用、SDHC(Class2,4,6,10,UHS-I,UHS-?)、
SDXC(UHS-I)/miniSD、miniSDHC(Class2,4,6)/TransFlash、
microSD(UHS-I)、microSDHC(Class2,4,6,10)、microSDXC、
MMC、MMC4.0、セキュアMMC、RS-MMC、RS-MMC4.0/MMCmicro、
MS(マジックゲート,マジックゲートHighSpeed,メモリーセレクト機能付)、
MSPRO(HighSpeed)、
MSDuo(マジックゲート,マジックゲートHighSpeed)、
MS PRODuo(HighSpeed,MARK2)、MSPRO-HGDuo、MSROM、
MSマイクロ(M2)、PSP(R)用MSDuo、
XDピクチャカード(TypeM、TypeM+、TypeH)

@IDEA (アットアイデア)では多種多様な記録媒体を取り扱っています。
取り扱い記録媒体の多さから、@IDEA (アットアイデア)は確かな専門技術があり、信頼感ある記録媒体の復旧専門業者であると感じられます。

発送での対応になる(宅配でのみ対応)

@IDEA(アットアイデア)でのデータ復旧サービスは、宅配での対応となります。

申し訳ございませんが、現状弊社においてお預かりおよびご返却が、手渡しか宅配かを管理する体制が整っていないため、お持ち込みはお断りしております。

よくあるご質問|ディスク研磨再生サービスのアットアイデア
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f1
(最終閲覧日:2022年7月26日)

ですので、@IDEA(アットアイデア)に申し込みをする際には、持ち込みではなく、宅配での対応になることに留意しておく必要があります。

アットアイデアは宅配での対応のイラスト
宅配のため、パソコンを発送する場合は手元にパソコンが無い時間ができる
もし予備として使えるパソコンが無い場合は

もしパソコンを発送する場合は、手元にパソコンが無い時間ができます。この場合は予備として使える代替機がありましたら安心です。

もし予備として使える代替機が無い場合は、予備機としても使える「ご自宅で基本的な軽作業はサクサクこなせる性能」を持ち、かつ「なるべく出費を抑える価格」という性能価格の両面を程よく兼ね備えたPC next再生パソコンがあります。PC next再生パソコンについても当サイト別記事にて紹介しております。
参考までに確認されたい方は、こちら↓のリンクからご覧ください。
【参考】SSD起動パソコンは高い?そんな時おすすめな再生パソコンを紹介!

PC nextの再生パソコンは全て1年保証が付いていますので、もし万が一何かあった際にも安心です。

@IDEAのデータ復旧サービスに向いているケースは?

@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービスに依頼する場合、以下のケースに1つでも当てはまりましたらおすすめできると考えます。

データ復旧サービスおすすめのケース
  • ご自身でのデータ復旧作業が不安な場合
  • データ復旧作業が手間に感じる場合
  • 記録媒体の復旧専門業者に依頼したい場合
  • 比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい
  • 物理障害ではなく、軽度な症状と考えられる場合(誤消去した場合など)

以下にそれぞれ解説しています。

ご自身でのデータ復旧作業が不安な場合

ご自身でのデータ復旧作業に不安を感じる場合は、無理にご自身で復旧作業をするのはよくありません。と言いますのも、データを復旧させる場合、もともとデータが保存されてあった領域に何らかのデータが上書きされてしまいますと、復旧が困難になります。

データを復旧するHDDに新たなデータを保存してはいけないことを表すイラスト
予備知識

予備知識となりますが、データ漏洩対策として「データ上書き処理」を利用したclean allというWindowsのDiskPartコマンドがあります。
【参考】『clean all』の手順について解説!!【HDDのデータ消去方法】
全記憶領域にゼロデータを上書きすることにより、復元によるデータ漏洩対策として効果のあるコマンドになります。つまり、元々データが保存されていた領域に、新たなデータの上書きがされてしまうと、復元が困難になります。

元々データのあった領域への上書きは、パソコンが稼働している際に上書きされる恐れがあります。例えば何らかのツールが記録媒体にアクセスしてしまうことで、元々データのあった領域の痕跡が書き換わってしまうことがあります。

さらに、論理障害なのか物理障害なのか…といった細かい症状を把握できていない状態で市販のデータ復元ソフトの使用する場合は、さらに症状が悪化してしまい本来復元できたはずのデータが復元できなくなる可能性もあります。

復元ソフトによるデータスキャンだけでも記録メディアに多少なりとも負荷をかけます。そのため市販の復元ソフトを使用する場合には自己責任にて行う必要があります。

加えて、上記の項「データ復旧ソフトのメリット・デメリットについて」の中で紹介していますように、データ復元ソフトに関してデメリットもあります。

ですので、ご自身でのデータ復旧作業に不安を感じる場合は、@IDEA(アットアイデア)に診断依頼をしてみることがよいと考えます。

データ復旧作業が手間に感じる場合

データ復旧作業は基本的に時間や手間を要します。例えば市販のデータ復元ソフトで復元できるデータ解析に私の環境では約6時間程かかりました。
【参考】HDD復元体験済み!ファイナルデータ11plus 特別復元版紹介
(要する時間はパソコンの環境等により異なる場合があります)

さらに、データ復元ソフトはソフト独自の操作方法や注意事項を把握しなければならないなど、当記事上部の「データ復旧ソフトのメリット・デメリットについて」の項で紹介したようなデメリットを考えなければなりません。

「データ復旧ソフトのデメリット」イラスト

加えて、上記の項「データ復旧ソフトのメリット・デメリットについて」内で紹介していますように、症状がはっきりしない状態でご自身にて市販のデータ復元ソフトで復元に取り掛かる場合、本来復元できたはずのデータが復元できなくなる恐れもありますので、市販のデータ復元ソフトを使用する場合には自己責任にて行う必要があります。

以上のように、データ復旧作業は簡単には終わらず、非常に手間がかかる場合があります。

ですので、データ復旧作業に手間を感じる場合にも@IDEA(アットアイデア)に依頼してみることがよいと考えます。

記録媒体の復旧専門業者に依頼したい場合

@IDEA (合同会社アットアイデア)はHDDやSSDといった記録媒体の復旧を専門に取り扱っている会社になります。

ご家庭やオフィスにある読み取れなくなったメディアを様々な技術で復旧をおこなう「記録媒体の総合診療医」です!

出典:光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/
(最終閲覧日:2022年7月26日)

さらに、上記の項「多種多様な記録媒体に対応(HDD・SSD・光ディスク・USBメモリなど)」の中で紹介していますように、@IDEA(アットアイデア)はHDDやSSDだけでなく、光ディスク・USBメモリ・SDカードといった様々な記録媒体へのデータ復旧に対応しています。

ですので、個人でデータ復旧を行うのと違いプロのデータ復旧専門業者が行うため、その面でより安心感があります。

プロのテータ復旧業者安心イラスト

個人でデータ復旧をするのではなく、記録媒体の復旧専門業者に依頼したい場合に@IDEA (アットアイデア)をおすすめであると言えます。

比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい

さらに@IDEA (アットアイデア)のデータ復旧料金は、他のデータ復旧を専門に行っている業者に比べ比較的安価かつ分かりやすい料金体系でサービスを提供しています。

※ここで重要なのは、データ復旧料金は作業内容などにより別途作業料金が上乗せされることがあります。さらに、記録メディアの容量によっても金額が上乗せされることもあります。

しかし@IDEA (合同会社アットアイデア)でのデータ復旧サービスの料金は『一律 税込み38,500円』とされていますので、料金体系に関して透明性が高く、分かりやすいようにされています。
記録媒体の例データ復旧料金例(税込み)
@IDEA
(アットアイデア)
HDD・SSD・
USBメモリ・SDカード
光ディスク・その他メディア
【一律】38,500円
A社PC/外付けのSSD33,000円
PC/外付けのHDD33,000円
B社HDD44,000円
SSD99,000円
C社HDD29,700円
USBメモリ33,000円
D社HDD44,000円
SSD99,000円

@IDEA(アットアイデア)は物理的な損傷には対応ができかねると限定をしていますが(下記の項「物理障害ではなく、軽度な症状と考えられる場合(誤消去した場合など)」にて紹介しております)、その分データ復旧サービスの料金を一律で38,500円としています。

費用は記録容量にかかわらず¥35000(税込¥38500)です。

出典:@IDEA (アットアイデア) データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)
@IDEA (合同会社アットアイデア)のデータ復旧サービスの料金体系

一律38,500円
(税込み)

※1 送料 
(+振込手数料)

※2 機材からの取り外し作業費
(税込み2200円)
(必要な場合のみ)

※3 外付けデバイスの費用
(必要な場合のみ)

※4 各種ブランクメディア・
薄型プラケース代
(必要な場合のみ)

上記の、※1 送料や振込手数料はお客様側の負担となります。※2 機材からの取り外し作業費(税込み2200円)と、※3 外付けデバイスの費用※4 各種ブランクメディア・薄型プラケース代に関しては、必要な場合のみ発生します。詳細は以下↓に紹介しております。


※1 送料・振込手数料について

送料・振込手数料はご自身にて負担する必要があります。

往復で発生する送料とお振込み手数料はお客様ご自身の負担でお願い致します。

出典:注意・免責事項 プライバシーポリシー
https://disc-reborn.co.jp/?tid=3&mode=f6
(最終閲覧日:2022年7月26日)


※2 機材からの取り外し作業費(税込み2200円)について

機材からの取り外し費用に関しては、場合によって発生します。@IDEA(アットアイデア)公式ページにて以下↓の通りに説明されています。

※取り外しが想定されていない機材の場合事前に確認のメールをお送りします。また、取り外しが想定されていない機材およびお客様ご自身で取り外しができない機材からの媒体取り出しには¥2000(税込¥2200)の作業費を別途申し受けます。

出典:@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月24日)

記録媒体が機材から取り外しされていない・ご自身で取り外しできない場合は、取り外し作業費が別途2200円(税込み)発生することがあるということに留意しておく必要があります。


※3 外付けデバイスの費用について

@IDEA (アットアイデア)では、データ復旧完了後に復旧したデータの保存先として@IDEA (アットアイデア)にて用意する外付けデバイス(外付けHDDなど)に保存し、発送されます。

復旧したデータを外付けデバイスからご自身のデバイス(パソコンなど)にコピーした後、外付けデバイスは手元に必要の無い場合は、外付けデバイスを@IDEA (アットアイデア)まで返送します。外付けデバイスを返送する場合は、外付けデバイスの料金は発生しません。発送された外付けデバイスを手元に残したい場合のみに、外付けデバイスの料金を支払う必要があります。

外付けデバイスの返送・料金について説明したイラスト


外付けデバイスについては、@IDEA(アットアイデア)公式ページ内にて以下↓のように説明されてあります。

復旧したデータを保存する先には原則として外付けHDDを用います。

復旧が可能であったデータのサイズなどにより必要なHDDの種類が異なって参りますので、復旧作業完了後にご報告を差し上げます。

その際にデータサイズとご希望に応じて相応しい外付けデバイスの代金を申し上げます。

弊社より発送しお手元にて復旧できたデータをご確認後、外付けデバイスをそのままお手元に残しておきたいとお考えであれば、弊社より申し上げましたデバイスの代金をそのままお支払いいただきます。

データをお手持ちのデバイスにコピーした後外付けデバイスは必要ないというお考えであれば、同封致しておりますパッケージに収納してご返送下さい(発送票は貼付した状態でパッケージをお送りします)。

この場合にはデバイスの代金は不要です。

出典:HDDからのデータ復旧 – 光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?pid=169306814
(最終閲覧日:2022年7月24日)


※4 各種ブランクメディア・薄型プラケース代

CD・DVD・ブルーレイの場合で、データを抽出して別のブランクメディアに保存して返される場合にのみ、この代金が発生します。ただし、もしこの作業に入る前には確認のメールを送信する旨が@IDEA(アットアイデア)の「注意・免責事項 プライバシーポリシー」ページ内に記載されています。

7.特例として作業上必要となりました際には以下の商品が必要となる場合がございます。その場合別途費用を頂戴致します。(作業前に確認のメールをお送りします)

各種ブランクメディア 55円~5,500円(詳細は商品一覧をご覧下さい)
薄型プラケース 50円/枚 (税込55円)

注意・免責事項 プライバシーポリシー
https://disc-reborn.co.jp/?tid=3&mode=f6
(最終閲覧日:2022年7月26日)

物理障害ではなく、軽度な症状と考えられる場合(誤消去した場合など)

@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービスは、物理的な損傷の場合はおすすめできません。@IDEA(アットアイデア)公式ホームページ内に、物理的な損傷には対応できかねるという旨が記載されています。

※物理的な損傷には対応できかねます。

出典:@IDEA データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月23日)

しかしその分、他のデータ復元業者と比較して比較的安価かつ分かりやすい料金体系でデータ復旧サービスが提供されています。
(料金体系に関しては上記「比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい」の項にて紹介しております。)

物理的な損傷であるかの判断については、当記事の簡易的な判断基準を上記『「論理障害」・「物理障害」判断基準目安 ※注意点あり』の項にて紹介いたしましたが、判断が難しい場合もあります。

もし正確な判断ができかねる場合や、「この記録メディアは復旧できるのだろうか」といった疑問がある場合は、@IDEA(アットアイデア)では税込み110円でプロが診断してくれる「データ復旧前検査」というサービスがあります。(送料は依頼者側が負担する必要があります。)

データ復旧前検査公式ページはこちら↓↓
@IDEA(アットアイデア)の
データ復旧前検査はこちら↓から
\ 記録媒体復旧のプロが診断! /

データ復旧前検査@IDEA

費用は税込み110円です!!
※送料は負担する必要があります。

@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービスの注意点

@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービスを申し込みの前に、把握しておいた方がいい注意点について抜粋いたしましたので、以下に紹介いたします。

※当記事記載以外の他詳細については@IDEA(アットアイデア):データ復旧サービス公式ページにてご確認をお願いいたします。

データ復旧サービスに申し込む前に『データ復旧前検査』を推奨!!

もし@IDEA(アットアイデア)の「データ復旧サービス」に申し込みを検討される場合は、@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧前検査」(税込み110円)を依頼することを強くおすすめいたします。

理由としまして、@IDEA(アットアイデア)では完全成功報酬型(完全成果報酬型)が採用されていません。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)とは…
依頼者の必要なデータが復旧できた場合に費用が発生する仕組み。
一般的に費用が高額になる「重度の物理障害」まで対応できる大手データ復旧業者などで採用されていたりする。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用しているデータ復旧業者を除き、データ復旧成功にかかわらずデータ復旧に取り掛かりますと費用が発生します。

@IDEA(アットアイデア)へデータ復旧を依頼する依頼者側の立場から考えますと、データ復旧前検査」にて、事前に復旧できる可能性のあるデータを報告してもらった上でデータ復旧サービスに申し込む方が良いです。理由は以下の通りです。

@IDEA(アットアイデア)では「完全成功報酬(完全成果報酬)」の記載がありませんので、自分の復旧してほしいデータが復旧できず、自分にとってあまり重要ではないデータが復旧できた場合でもデータ復旧サービスの料金38,500円(税込み)が発生してしまいます。

そのために、@IDEA(アットアイデア)ではデータ復旧前検査」(税込み110円)を事前に行うことを強く推奨いたします。

@IDEA(アットアイデア)は他のデータ復旧業者と比較し、比較的料金体系がシンプルかつ分かりやすく透明性が高いということが感じられます。(当記事の「比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい場合」の項にて紹介しております。)

しかしその分、完全成功(成果)報酬型は採用されていないという点は留意しておく必要があります。

事前にデータ復旧前検査のイラスト

@IDEA(アットアイデア)でも以下↓のように、データ復旧サービスを検討の場合は「データ復旧前検査」で事前に復旧可能性を確認する方がいいということが推奨されています。
(以下↓は@IDEAのデータ復旧前検査ウェブぺージからの引用になります。)

「まず、このメディアは復旧可能なのだろうか?」そう疑問をお持ちになったらぜひどうぞ。復旧可能性の有無を100円(税込110円)でプロが診断致します。
データ復旧サービスをご検討の方は、まずこちらで復旧可能性を確認されることをお勧め致します。
その後データ復旧の作業をお申込の場合は、データ復旧前検査の金額は取り消し致します。

データ復旧前検査 – 光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?pid=166031429
(最終閲覧日:2022年7月26日)

「データ復旧前検査」のあと、データ復旧サービスに申し込みをした場合は、データ復旧前検査の金額は取り消してくれることが記載されています。

ですので、データ復旧サービスに申し込みをする場合は、まずご自身の復旧したいデータが復旧の可能性があるか「データ復旧前検査」で確認してもらうことがおすすめです。

データ復旧前検査公式ページはこちら↓↓
@IDEA(アットアイデア)の
データ復旧前検査はこちら↓から
\ 記録媒体復旧のプロが診断! /

データ復旧前検査@IDEA

費用は税込み110円です!!
※送料は負担する必要があります。

物理的な障害には対応していない

当記事の上記「物理障害ではなく、軽度な症状と考えられる場合(誤消去した場合など)」の項で紹介いたしましたが、@IDEA(アットアイデア)は記録媒体に物理的な損傷がある場合は対応ができかねる旨が公式ページ内に記載されていますので注意が必要です。

@IDEAに限らず、必ずしもデータを復旧できるとは限らない

@IDEA(アットアイデア)に限ったことではありませんが、データ復旧業者を含めデータ復旧に関しては「必ずしも100%確実にすべてのデータ復旧ができるわけではない」ということに留意しておく必要があります。

例えば、記録媒体に元の保存されていた記録領域に、もし何らかのデータが上書きされてしまいますと、データ復旧が困難になります。

データ上書きを応用した、データ漏洩対策もあります。

HDDを廃棄する際に、データ漏洩対策として活用できるWindowsのclean allというコマンドがあります。このコマンドは全領域にゼロデータを上書きするコマンドで、データ漏洩対策として活用できるコマンドになります。
【参考】『clean all』の手順について解説!!【HDDのデータ消去方法】

@IDEA(アットアイデア)では、事前に復旧できる可能性のあるデータを検査する「データ復旧前検査」があります。データ復旧前検査で「復旧の可能性がある」と診断されたデータは「あくまでも復旧できる可能性がある」ということであり、復旧できるかどうかは実際に復旧作業に取り掛かってみないと分かりません。

さらに、著作権に関連するデータ(テレビ番組など)や暗号化されているデータなどは、復旧ができないことも留意しておく必要があります。
@IDEA(アットアイデア)でも公式ページ内に以下のように記載されています。

※著作権が保護されている、暗号化されているといった事情で作業が行なえない場合もございます

出典:@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)

ですので、データ復旧業者に依頼する際は、「必ずしも100%確実にすべてのデータ復旧ができるわけではない」ということを留意しておく必要があります。

@IDEAに限らず、データ復旧作業には時間を要する

これも@IDEA(アットアイデア)に限ったことではありませんが、専門のデータ復旧業者が行うデータ復旧作業は時間を要します。

専門業者が行うデータ復旧作業は緻密な作業となりますので、時間がかかる際は「1週間~2週間前後」見ておいた方がいいと考えます。

データ復旧はある程度時間がかかるイラスト

発送は梱包に注意!厳重に梱包を

@IDEA(アットアイデア)では、上記「発送での対応になる(宅配でのみ対応)」の項で紹介しておりますように、宅配での対応となります。

ですので、記録媒体の梱包をする必要があります。梱包は運送時に衝撃・振動から守れるように厳重に行うほうがよいと考えます。

以下に梱包・発送前の注意点を挙げております。
※あくまでも例ですので、それぞれの媒体に合った衝撃・振動から守れる梱包をされますようお願いいたします。

梱包・発送前の注意点の例
  • 段ボールは、強度のある段ボールを選択する。
  • 梱包用のテープは、粘着力・強度のあるテープを使用する。
  • 段ボール組み立てる際の梱包テープ・封をする際の梱包テープの貼り方は、簡易的な貼り方はしない。
    ※底抜けの危険性のある、縦に1本だけ貼る縦貼り(|)は個人的に推奨いたしません。H貼り十字貼りを組み合わせたような、強度のある貼り方を推奨いたします。
H貼りと十字貼りを組み合わせて封をした段ボールのイラスト
  • 緩衝材(プチプチなど)を充分に入れる。
    • 上下四隅に緩衝材を充分に敷き詰める。
    • 梱包後に箱を揺らして中身が動かないように、緩衝材を充分に敷き詰める。
  • 周辺機器は外して梱包する。
  • デスクトップパソコンの場合、マザーボードが底面になるように段ボールに入れる。

【参考】PC の正しい梱包方法 _ ドスパラ サポートFAQ よくあるご質問|お客様の「困った」や「知りたい」にお応えします。

参考URL

http://faq3.dospara.co.jp/faq/show/10373?back=front%2Fcategory%3Ashow&category_id=22&page=5&site_domain=default&sort=sort_new&sort_order=desc&utf8=%E2%9C%93


パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】
(こちらのリンクは、パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】トップページへのリンクになります。)

  • 発送は「ワレモノ」「天地無用」として発送。(運送業者提供のシール等を箱に貼る)

さらに、もしもの時のために運送会社の輸送事故の補償があった方がよいです。
@IDEA(アットアイデア)でも、発送に関して以下のように記載されています。

弊社へお送りいただく際の配送方法はお客様にお任せ致しますが、ゆうパック・ヤマト運輸など輸送事故の際に補償があるものをお勧め致しております。

出典:@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)

発送時における何らかの不測の事態が起こり得る可能性も、全く無いとは言い切れません。宅配サービスを利用する際はこういったことを留意しておく必要があります。

※当店への記録媒体の発送時における紛失・破損に関しての責任は負えませんので慎重にご検討ください。

出典:@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終閲覧日:2022年7月26日)

必要な場合のみ追加料金が発生するケースあり

@IDEA(アットアイデア)では、必要な場合のみ追加料金が発生するケースがあります。

必要な場合のみ追加料金が発生
  • 機材からの取り外し作業費(税込み2200円)
  • 外付けデバイスを手元に残したい場合
  • 各種ブランクメディア・プラケース代

詳細は上記の項「比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい」の中の「@IDEA (合同会社アットアイデア)のデータ復旧サービスの料金体系」にて紹介しております。

間違ってデータを消去した時は新たなデータを保存しない

データが消える症状はケースバイケースであり、症状に合った対応をしなければより症状が悪化してしまう恐れがあるため、症状に合った対応をする必要があります。

ですので、もし正確な症状の判断・対応を確認されたい場合は、データ復旧の専門家に指示・対応を仰ぐことが一番だと考えます。

ただ、知識として「間違ってパソコンのデータを消去したときにすぐできる対処法を知っておきたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

パソコンのデータを消してしまった時のイラスト

ここではすぐにできる対処法の1つとして、対象の記録媒体に新たなデータを上書きしないということを挙げます。

間違ってデータを消去し復旧をしたいときは、対象の記録媒体に新たなデータを上書きしてはいけません。上記の項「ご自身でのデータ復旧作業が不安な場合」の中で紹介しましたように、もし元々データのあった記録領域に新たなデータが上書きされてしまいますと、データの復旧がより困難になります。

パソコンの場合は、稼働している際に元々データのあった領域に上書きされる恐れがあります。例えば何らかのツールが記録媒体にアクセスしてしまうことで、元々データのあった領域の痕跡が書き換わってしまうことがあります。

ですので「間違ってデータを消去してしまったときは、対象の記録媒体に新たなデータを上書きしない」ということを頭に入れておけば、データを復旧できる確率が上がる可能性があります。

正確な症状の判断・対応を確認されたい場合は、データ復旧の専門家に指示・対応を仰ぐことをおすすめいたします。

補足 重要なデータは定期的なデータコピーを推奨

データの消失はいつどこで起こるか分かりません。データ消失のリスクは以下↓のような場面があります。

データ消失のリスク例
  • 人的ミスによるデータ消失のリスク
  • 機器の故障・記録媒体の劣化によるデータ消失のリスク
  • 災害によるデータ消失のリスク

ですので重要なデータは定期的なデータコピーをしておくことがよいと考えます。

ですがデータのコピーは容量によって多大な時間がかかったり、場合によってはエラー等が起こることもあり、手間・労力がかかる場合があります。実は@IDEA(アットアイデア)ではデータ復旧サービス以外にもデータコピーサービスも行っていますので、手間労力が憂慮される場合には参考までにデータコピーサービスも確認されてみてください。

当サイト別記事にて紹介しておりますので、
参考までに確認されたい方はこちら↓のリンクからご覧ください。
【参考】データコピー時間がかかる→記録媒体復旧プロに依頼で解決!

まとめ

当記事では、データ復旧サービスを行っています@IDEA(アットアイデア)について紹介いたしました。

アットアイデアのデータ復旧サービスは、

データ復旧サービスおすすめのケース
  • ご自身でのデータ復旧作業が不安な場合
  • データ復旧作業が手間に感じる場合
  • 記録媒体の復旧専門業者に依頼したい場合
  • 比較的安価かつ分かりやすい料金体系のところに申し込みたい
  • 物理障害ではなく、軽度な症状と考えられる場合(誤消去した場合など)

以上に該当する場合に@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービス(データ復旧前検査)がおすすめだと考えます。

@IDEA(アットアイデア)のデータ復旧サービスにお申し込みをする場合、HDDやSSDなどの記録媒体を@IDEA(アットアイデア)まで発送する必要がありますので、梱包は厳重に行う必要がありますので注意が必要です。

当記事で抜粋した注意事項を、上記「@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービスの注意点」の項にて紹介しております。その他の当記事記載以外の詳細については@IDEA(アットアイデア):データ復旧サービス公式ページにてご確認をお願いいたします。

@IDEA(アットアイデア)データ復旧サービスをお申し込みの場合は、@IDEA(アットアイデア)公式ホームページから申し込むことができます。ただし、上記の項「データ復旧サービスに申し込む前に『データ復旧前検査』を推奨!!」で紹介しておりますように、データ復旧サービスに申し込む前に「データ復旧前検査」にて復旧できるデータを検査されることをおすすめいたします。

データ復旧前検査お申込みは↓↓
@IDEA(アットアイデア)の
データ復旧前検査はこちら↓から
\ 記録媒体復旧のプロが診断! /

データ復旧前検査@IDEA

費用は税込み110円です!!
※送料は負担する必要があります。
プロのテータ復旧業者安心イラスト

よろしければ参考になさってください。
ご覧いただき、ありがとうございます。


【参考】「データ復旧サービス」公式ページは↓↓
@IDEA(アットアイデア)公式ページ
データ復旧サービスはこちら↓
\ 記録媒体復旧のプロが行うデータ復旧!! /

データ復旧サービス@IDEA

HDD・SSDだけでなく
USBメモリ・光ディスクなど
様々な記録媒体に対応!!


【参考】@IDEA(アットアイデア)について
データ復旧サービスだけでなく、ディスク研磨サービスもOK!!

@IDEA(アットアイデア)では、記録媒体復旧の専門業者として「データ復旧サービス」だけでなく、CD・DVD・ブルーレイなどの光ディスクを対象とした「ディスク研磨サービス」も行っています。

お手持ちの光ディスク(CD、DVD、ゲーム)の表面をミクロ単位で削り正常な動作が出来なくなっているメディアを修復いたします!古くなった光ディスクや、お子様が汚してしまったお気に入りの光ディスクのクリーニングもお任せください。

出典:光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/
(最終確認日:2022年8月8日)
ディスク研磨サービスについて
確認されたい方は、
こちら↓のリンクから
ご覧ください。
読み込みエラーなどのディスクを復旧!! /

ディスク研磨サービス@IDEA

disc

タイトルとURLをコピーしました