データコピー時間がかかる→記録媒体復旧プロに依頼で解決!

@IDEAのデータコピーサービス紹介記事のアイキャッチ画像HDD管理
スポンサーリンク
  • 大切なデータのコピーをしたいけど時間がかかって面倒!
    時間が無くてできない!
  • データコピー中にエラーが発生して手間がかかり面倒!
  • データのコピーをしたいが、難しくてできない!

とお悩みの方・お困りの方はいらっしゃいませんでしょうか?

データのコピーは容量によっては多大な時間がかかったり、あるいはコピー時に何らのエラーが発生してできないことが起こることもあります。そのため、必ずしも簡単に終わるという作業ではなく大きな手間労力が発生することもあります。

ですが、データのコピーをとっておくことは極めて重要です。記録媒体はいずれ劣化をします。保存されるデータの中には、お子様の入園式・誕生日・卒業式など、記録に残したい重要なデータがある場合があります。

実は記録媒体復旧業務を行う専門会社手間のかかるデータのコピー依頼ができるデータコピーサービスがありますので当記事にて紹介いたします。

この記事で紹介していること

当記事では光ディスク(CDDVDブルーレイ)・HDDSSDなどの様々記録媒体に対応する専門会社@IDEA(アットアイデア)」が行うデータコピーサービス(リンク先は「データ復旧サービス」と表示されます。「データ復旧サービス」のページから下にスクロールしてぺージ中央あたりに「データコピー」項目があります)についてや、その他補足事項、さらに注意点についても紹介しております。

私はIT機器に関するメンテナンス業務の経験があり、データのバックアップに関しても業務経験があります。

データコピーサービスについて把握しておけば、「大事なデータコピーをしたいが時間がない手間がかかり面倒やり方が分からない」等といったときにすぐに依頼でき本来データコピーに割くはずの時間をもっと有意義な時間に充てることができます。

参考までに確認されたい方はご覧になってください。

スポンサーリンク

別の媒体にデータをコピーするメリットやデメリットはあるのか?

大切なデータが保存されている記録媒体のデータを別の記録媒体にコピーすることは、以下のようなメリットデメリットがあります。

データコピーのメリットデメリットの例
  • メリット
    • データ消失のリスクに備えられる
  • デメリット
    • データコピーに要する時間や労力がかかる
    • エラーが発生する場合があり、対応のためリテラシーの必要性が出てくる

データコピーのメリット・デメリットについて以下↓に解説しております。

メリット…データ消失のリスクに備えられることが最大のメリット

別の記録媒体へデータコピーをする最大のメリットは、「データ消失のリスクに備えられる」という点が最大のメリットだと考えます。

大切なデータ1つの記録媒体のみに保存しておくことは、データ消失に対する備えとしては望ましくはありません。データ消失のリスクが存在するためです。

データ消失は例として以下↓のようなリスクがあります。

データ消失のリスク例
  • 人的ミスによるデータ消失のリスク
  • 機器の故障・記録媒体の劣化によるデータ消失のリスク
  • 災害によるデータ消失のリスク

どんな状況でもデータ消失のリスクはありますので、備えとしてデータのコピーをしておくことは有効な対策の1つとなります。

以下↓にそれぞれのデータ消失のリスク例について解説しております。

人的ミスによるデータ消失のリスク

人的ミスによりデータが消えてしまうことがあります。うっかり操作を間違えてしまう…というように、「人が原因」となる人的ミスは起こり得ます。

人的ミスの例
  • うっかり操作を間違えてデータを消去してしまう。
  • うっかりファイルネームを同じにして上書き保存をしてしまい、元々のファイルを消去してしまう。
  • うっかり機器を落下させてしまい、データの読み込みができなくなる。
  • うっかり不正なソフト(コンピュータウイルス)をパソコンに入れてしまい、データが消失してしまう。

人的ミスはどんな状況でも不意に起こってしまう可能性がありますので、データ消失に対する対策を行う場合には別の記録媒体にデータのコピーを取っておくことは重要です。

「人的なミスによるデータ消失のリスク対策はデータコピー」のイラスト

記録媒体の故障・劣化によるデータ消失のリスク

記録媒体はいずれ故障・劣化してしまいます。故障・劣化によりデータが消失してしまう恐れがあります。例えばデータを記録するHDDやSSDの寿命は諸説ありますが、4年・5年という情報があります。

一般的に、内蔵型HDDの平均寿命は4年程度だと言われています。HDDは要するに物理的なディスクを回転させてデータを読み書きする仕組みですので、使っているうちにディスクの表面がすり減り、最終的に完全に回転しなくなってしまいます。

出典:HDDの寿命を見極める方法から長く使う5つのポイントを紹介 _ パソコン修理・サポートのドクター・ホームネットがお届けするコラム
https://www.4900.co.jp/smarticle/23927/
(最終閲覧日:2022年8月15日)

諸説ありますが、一般的に寿命は5年程度と言われています。 SSDのメーカー保証がありますが、保証期間はメーカーによってばらつきがあります。 SSDの使い方によっても変わりますが、HDDより寿命が長いです。 その理由は、HDDとSSDの構造や性能に差があるからです。

出典:SSDの寿命は何年?SSDの状態を知る方法から寿命を延ばすコツを解説 _ パソコン修理・サポートのドクター・ホームネットがお届けするコラム
https://www.4900.co.jp/smarticle/23890/
(最終閲覧日:2022年8月15日)

加えて光ディスク(CDDVDブルーレイディスク)に関しても時間とともに劣化をしていきます。光ディスクは紫外線・あるいは高温多湿という環境に弱い特性があります。

保管場所の環境によっても違いはありますが、10年くらいで再生できなくなることもあると言われています。光ディスクは高温多湿、紫外線に弱いため、そういった環境にさらされると、さらに短くなるかもしれません。また、安価で品質の悪いディスクの場合は、劣化しやすいこともあります。

出典:CDやDVDに保存したデータ、そのままで大丈夫? – FMVサポート _ 富士通パソコン
https://azby.fmworld.net/usage/closeup/20220727/?supfrom=top_news
(最終確認日:2022年8月15日)

通常の保管環境の場合、必ずしも光ディスクにとって最適な環境を保ち続けられるわけではありません。日本は湿度が高い国ですので、最適な湿度を保ち続けるのは難しく、保管環境によってはディスク表面にカビが発生してしまうこともあります。ですので、4~5年経過して光ディスクに記録されているデータが読み込めなくなってしまうこともあり得ます。

@IDEA(アットアイデア)では、3年ほどのサイクルデータのコピーを取っておくことが推奨されています。

記録媒体は時間につれて劣化します。
定期的(3年程度のサイクル)でコピーを作成しておかれることをお勧めします。

出典:データコピー(1TBまで) – 光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?pid=169307042
(最終確認日:2022年8月15日)

記録媒体には大切なデータを残されるケースがあります。例えば、お子様の幼稚園での発表会や、誕生日、運動会、卒業式の映像などです。お子様が成長し結婚式の披露宴ではぜひその映像を上映したいと思う方もいらっしゃいます。

記録媒体は劣化することを考えますと、大切なデータを残すためには定期的(3年程度のサイクル)でコピーを作成しておくことはとても大切です。

災害によるデータ消失のリスク

厳密に言いますと災害に対するデータの備えはデータの遠隔地保存適切です。ですがデータを複数の記録媒体へ保存することも、災害時に1つの記録媒体が壊れても別の記録媒体がデータ抽出は可能という場合も可能性としてはあり得ますので、万が一の時にデータを復旧させるという点では間接的にも寄与します。

災害に備えるという観点のみから見ますと、データを複数媒体への保存よりも、データの遠隔地保存が適切です。


上記のように、データ消失するリスクが存在します。別の記録媒体データコピーする最大のメリットは、上記のようなデータ消失のリスクに備えることができるという点だと考えます。

デメリット…時間・エラーに起因する労力・対応のためリテラシーの必要性

データのコピーは「データの消失に備えられる」というメリットがありますが、同時にデメリット(手間がかかるなど)も存在します。当記事で挙げるデメリットの例は下記↓の通りです。

データコピーのデメリットの例
  • データコピーはコピー容量により多くの時間を要する
  • データコピー処理時に起こり得るエラーがある…対応するためのリテラシーが必要になる

以下↓にそれぞれ解説しております。

データコピーはコピー容量により多くの時間を要する

コピーするデータの容量が大きければ大きいほど、データコピーはより多くの時間が必要になります。

下記↓の画面は私の機器環境でパソコンから外付けHDDに約118GBのデータをコピーする際に要した時間です。約3時間45分もの時間を要しました。(データコピーにかかる時間は機器の性能・環境・データ容量により短くなるケースや、さらに多くの時間がかかるケースもあります)

データコピーの残り時間が「約3時間45分」と表示された画面
データコピーの残り時間が「約3時間45分」と表示された画面です。

今回コピーを行った機器環境の場合、容量112GBのデータで約3時間45分もの時間を要します。近年では記録容量が1TB・2TBなどより大きいデータが保存できる外付けHDD・外付けSSDがあります。ですので、今回データコピーを行った容量112GBよりもさらに大きいデータをコピーするケースもあるかと存じます。

容量112GBのデータコピーで約3時間45分もの時間を要しましたので、さらに大きい容量である500GB1TB2TBとなりますと、より多大な時間を要してしまいます。


加えてパソコンの場合は、データコピー処理中にCPUやメモリの使用率が上昇します。下記↓の画像はメモリの使用率が90%以上にまで上昇したときのタスクマネージャーの画面です。

メモリ使用率が100%近くまで上昇したときのタスクマネージャー画面
メモリ使用率が90%以上にまで上昇したときのタスクマネージャー画面です。

機器環境によっては使用率の上昇により他のパソコン作業ができなくなる恐れもあります。

データコピーは時間や手間がかかり面倒…という場合には記録媒体復旧専門会社@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスがおすすめです。

データコピー処理時に起こり得るエラーがある…機器等に関するリテラシーの必要性

データコピーは、全てのケースにおいて支障なく完了するという訳でもなく、場合によってはエラーが起こり作業が滞ってしまうこともあります。

下記↓の画面はデータコピー処理中に「予期しないエラー」が起こった時の画面です。

データコピー中に予期しないエラーが発生した時の画面
データコピー中に「予期しないエラー」が発生した画面です。

下記↓はデータコピー作業時にエラーが起こる原因の例となります。

データコピー時に起こるエラーの原因例
  • 保存先の記録媒体の容量不足によるエラー
  • フォーマット形式によるエラー
  • 接続ポート・接続ケーブルなどの機器環境に起因するエラー
  • 常駐アプリケーションソフトによるエラー
  • ドライバーに起因するエラー(ドライバーの破損など)
  • 記録媒体自体の経年劣化で起こるエラー
データコピーの際にフォーマット形式が「FAT32」であるためエラーが発生した時の画面
フォーマット形式がFAT32の記録媒体に、4GB以上のファイルをコピーする場合はエラーが発生します。

上記はエラーが起こる原因の例ですが、こういったエラーが出てさらに時間・手間・労力がかかることがあり、さらに機器やエラーに関するリテラシーが必要と言った面も出てくる場合があります。

なるべくデメリットによる手間・労力をかけたくない場合には、記録媒体復旧専門会社である@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスがおすすめです。

@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスについて紹介!

データのコピーは「データ消失のリスクに備えられる」といったメリットもありますが、同時に上記「デメリット…時間・エラーに起因する労力・対応のためリテラシーの必要性」の項で紹介しましたようにデメリットもあります。

そこで、デメリット全て一挙任せられる@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスがあります。

@IDEA(アットアイデア)は、光ディスク(CD・DVD・ブルーレイディスク)・HDD・SSDなど様々な記録媒体の復旧業務を行う専門会社です。データコピー以外の業務にも、データ復旧サービスの業務も行っています。
【参考】誤消去したデータを復元したい…様々な記録媒体を復旧する会社を紹介!

記録媒体復旧業務を行う専門会社データコピーサービスですので、専門家ではない一個人が行うコピーとは違い、以下↓の5つの魅力(メリット)のあるデータコピーサービスです。

@IDEA(アットアイデア)
データコピーサービス5つの魅力(メリット)
  • 記録媒体復旧のプロが行うデータコピー方法(単なるコピーとは違う)
  • データコピーの手間・労力の解消!(手間・労力を別の有意義な時間に)
  • 希望に極力添ってもらえるデータコピー(HDDからSSDに保存希望など)
  • 様々な記録媒体に対応できる専門性あり!(光ディスク・HDD・SSDなど)
  • 全国配送で対応!(近隣に専門店が無くても宅配で依頼OK)※送料は要負担
@IDEA(アットアイデア)
データコピー公式ページはこちら↓
記録媒体復旧専門会社によるデータコピー!!
以下↓ボタンリンククリックしますと
データコピーサービスそれぞれの容量別の
データコピーのページ開きます
データコピー
手間労力解消!!

@IDEA:データコピーサービス

こちら↑のテキストリンク(@IDEA:データコピーサービス)からは、「データ復旧サービスと表示されるぺージが開きます。データ復旧サービスページから下にスクロールして中央あたりにデータコピー」項目があります。

「データコピーサービスの5つの魅力」イラスト

以下にそれぞれ解説しております。

記録媒体復旧のプロが行うデータコピー方法(単なるコピーとは違う)

記録媒体復旧プロが行う@IDEA(アットアイデア)のデータコピーは、単なるコピーとは違います。コピー作業に適したファイルネーム、長期保存に適したコピー方法など、記録媒体復旧のプロが行うデータコピーをしてもらうことができます。

記録媒体の専門ではない、ごく一般の方が行う場合のデータのコピーは、そこまで気を付けてコピーを行う方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

その点、@IDEA(アットアイデア)は記録媒体復旧専門会社になります。@IDEA(アットアイデア)にデータコピー依頼をすることで、プロによるデータコピーを行ってもらうことができます。

「記録媒体復旧のプロが行うデータコピーサービス」のイラスト」

データコピーの手間・労力の解消!(手間・労力を別の有意義な時間に)

データコピーは容量によって多大な時間がかかったりエラーの発生などで手間・労力がかかることがあります。

そこで、コピー作業に起こりがちなエラーや、コピー作業にかかる時間・手間・労力を一挙に@IDEA(アットアイデア)にお任せすることができます。

「@IDEAのデータコピーサービスで手間・労力を解消」のイラスト

@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスに依頼することにより、コピー作業に起こり得るエラーにより発生する手間・労力、そしてデータコピーに割くはずの時間を、他のさらに有意義な時間に充てることができます。 

データコピーにかかる手間・労力を任せられることは@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスの魅力の1つです。

希望に極力添ってもらえるデータコピー(HDDからSSDに保存希望など)

データコピーの際には、「HDDのデータをSSDに保存したい」など、様々な希望があることがあります。そういった「希望に添ってもらえるのか?」という点は依頼する前の不安になるポイントとなりますが、@IDEA(アットアイデア)では要望の相談ができ、希望を遠慮なく伝えることができます。

@IDEA(アットアイデア)公式ページ内に以下↓のように記載されています。

HDDのデータをSSDに保存しておけないかなどのご希望にも極力添わせていただきますので一度ご相談下さい。
また、コピー先のメディアも同時に弊社に送っていただき作業のみ承るという形も可能です。
ご希望はご遠慮なくお申し付け下さい。

出典:データコピー(1TBまで) – 光ディスク研磨再生・各種媒体データ復旧サービス@IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?pid=169307042
(最終確認日:2022年8月14日)

勿論すべての希望に応じられるというわけではなく、内容によっては添うことが難しいこともあるかと思いますが、希望に極力添ってもらえる」といった点が記載されている点も依頼する際の魅力安心感につながります。

ですので、「データコピーサービスを依頼したいが、こういった希望は対応可能か?」といった疑問等がありましたら一度相談してみることがよいかと考えます。
お問い合わせフォームも@IDEA(アットアイデア)公式サイトページ内にあり、無料で問い合わせすることができます。
【参考】お問い合わせ @IDEA(アットアイデア)
(※上記リンク先トップページ上部から少し右側に「お問い合わせフォームがあります。)

様々な記録媒体に対応できる専門性あり!(光ディスク・HDD・SSDなど)

中には対応できる記録媒体がごく限られたデータコピーサービスもあります。(例えば、DVD・ブルーレイ・CDのコピーは対応できるが、HDDSSDデータコピーには対応していないなど)

しかしその点、@IDEA(アットアイデア)では下記の表の通り光ディスク(CD・DVD・ブルーレイ…映像が記録されているものも含む)・HDDSSDUSBメモリなど、様々な記録媒体に対応しています。

【参考】@IDEA (アットアイデア) データ復旧サービス
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月14日)
@IDEA(アットアイデア)取り扱い記録媒体
光ディスクCD、DVD、BDおよびそれらの書込可能タイプ
HDDSATA、IDE、SCSI(3.5インチ、2.5インチ、その他)
SSDSATA、M.2、PCI-EXPRESS
USBメモリ・
各種メモリカード
SD(HighSpeed,ProHighSpeed,Class2,4,6,10)、
Wii・DSi用、SDHC(Class2,4,6,10,UHS-I,UHS-?)、
SDXC(UHS-I)/miniSD、miniSDHC(Class2,4,6)/TransFlash、
microSD(UHS-I)、microSDHC(Class2,4,6,10)、microSDXC、
MMC、MMC4.0、セキュアMMC、RS-MMC、RS-MMC4.0/MMCmicro、
MS(マジックゲート,マジックゲートHighSpeed,メモリーセレクト機能付)、
MSPRO(HighSpeed)、
MSDuo(マジックゲート,マジックゲートHighSpeed)、
MS PRODuo(HighSpeed,MARK2)、MSPRO-HGDuo、MSROM、
MSマイクロ(M2)、PSP(R)用MSDuo、
XDピクチャカード(TypeM、TypeM+、TypeH)

上記↑表のように、多様な記録媒体に対応しており、対応できる記録媒体の多さからも分かる通り記録媒体復旧専門会社であり、それだけ専門性があると捉えることができ、依頼する際の安心感につながります。

「様々な記録媒体に対応する技術・専門性があり安心」のイラスト

安心して依頼することができるか?という点も重要なポイントです。

全国配送で対応!(近隣に専門店が無くても宅配で依頼OK ※送料は要負担)

@IDEA(アットアイデア)は配送にて全国からデータコピーサービス対応をしています。ですので、もし「近隣にデータコピーを行ってもらえる専門店が無い」という場合でも、宅配にて依頼することができます。※ただし、送料はお客様側にて負担する必要があります。

「配送で日本全国から対応するデータコピーサービス」のイラスト

データコピーの専門店は近隣になかなか無いことがありますので、そういった場合に全国配送で対応してもらえるのは助かります。

@IDEAデータコピーサービスの注意点(把握しておくべき点)

上記「@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスについて紹介!」の項で紹介しましたように魅力ある@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスですが、データコピーサービスに依頼する前の注意点(把握しておくべき点)もあると考えます。

@IDEA(アットアイデア)
データコピーサービスの注意点(把握しておくべき点)
  • 法律に違反するコピーは不可(コピーできない場合もある。著作権の範囲内)
  • 配送での対応…@IDEA(アットアイデア)は配送専門で対応 ※送料は要負担

以下にそれぞれ解説しております。

法律に違反するコピーは不可(コピーできない場合もある。著作権の範囲内)

全てのデータのコピーに対応できるという訳ではない点に留意しておく必要があります。例えば著作権法違反に該当するデータコピーはできません。@IDEA(アットアイデア)公式サイト内にも「著作権保護・暗号化されている」などで作業が行えない場合もある旨が記載されています。

※著作権が保護されている、暗号化されているといった事情で作業が行なえない場合もございます

出典:データ復旧サービス @IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月15日)

作業が行えない場合もあるということに留意しておく必要があります。

配送での対応…@IDEA(アットアイデア)は配送専門で対応 ※送料は要負担

@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスは配送での対応を行っています。そのため、近隣データコピーサービスを行う専門店が無い場合大変助かるサービスですが、同時に持ち込みでの対応は行なっていない送料はお客様側での負担になる留意しておく必要があります。

申し訳ございませんが、現状弊社においてお預かりおよびご返却が、手渡しか宅配かを管理する体制が整っていないため、お持ち込みはお断りしております。

出典:よくあるご質問|ディスク研磨再生サービスのアットアイデア
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f1
(最終確認日:2022年8月15日)

※当店への発送料はお客様ご負担となります。

出典:データ復旧サービス @IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月15日)

加えて、配送での対応になりますので、梱包はしっかりと行う必要があります。以下↓に梱包・発送前の注意点の例を挙げております。
※あくまでも例ですので、それぞれの媒体に合った梱包をされますようお願いいたします。

梱包・発送前の注意点の例
  • 段ボールは、強度のある段ボールを選択する。
  • 梱包用のテープは、粘着力・強度のあるテープを使用する。
  • 段ボール組み立てる際の梱包テープ・封をする際の梱包テープの貼り方は、簡易的な貼り方はしない。
    ※底抜けの危険性のある、縦に1本だけ貼る縦貼り(|)は個人的に推奨いたしません。H貼り十字貼りを組み合わせたような、強度のある貼り方を推奨いたします。
H貼りと十字貼りを組み合わせて封をした段ボールのイラスト
  • 緩衝材(プチプチなど)を充分に入れる。
    • 上下四隅に緩衝材を充分に敷き詰める。
    • 梱包後に箱を揺らして中身が動かないように、緩衝材を充分に敷き詰める。
  • 周辺機器は外して梱包する。
  • デスクトップパソコンの場合、マザーボードが底面になるように段ボールに入れる。

【参考】PC の正しい梱包方法 _ ドスパラ サポートFAQ よくあるご質問|お客様の「困った」や「知りたい」にお応えします。

参考URL

http://faq3.dospara.co.jp/faq/show/10373?back=front%2Fcategory%3Ashow&category_id=22&page=5&site_domain=default&sort=sort_new&sort_order=desc&utf8=%E2%9C%93


パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】
(こちらのリンクは、パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】トップページへのリンクになります。)

  • 発送は「ワレモノ」「天地無用」として発送。(運送業者提供のシール等を箱に貼る)
  • ディスクの場合、不織布やケースに入れる。

万が一の輸送事故に関しても留意しておく必要があります。事故が起こることはほとんど無いかとは思いますがゼロとは言い切れませんのと、@IDEA(アットアイデア)公式サイト内でも紛失・破損に関する記載があることや、輸送事故の補償がある配送方法推奨されています。

※当店への記録媒体の発送時における紛失・破損に関しての責任は負えませんので慎重にご検討ください。

出典:データ復旧サービス @IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月15日)

弊社へお送りいただく際の配送方法はお客様にお任せ致しますが、ゆうパック・ヤマト運輸など輸送事故の際に補償があるものをお勧め致しております。

出典:出典:データ復旧サービス @IDEA
https://disc-reborn.co.jp/?mode=f4
(最終確認日:2022年8月15日)

@IDEA(アットアイデア)は配送での対応であり、全国から対応していますが、梱包など気を付ける点はあります。

まとめ

  • 大切なデータのコピーをしたいけど時間がかかって面倒!」
  • 「データコピー中にエラーが発生して手間がかかり面倒!
  • データのコピーをしたいが、難くてできない!

といった場合には、@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービスおすすめです!@IDEA(アットアイデア)のデータコピーサービス以下↓のように魅力(メリット)が沢山あります。

@IDEA(アットアイデア)
データコピーサービス5つの魅力(メリット)
  • 記録媒体復旧のプロが行うデータコピー方法(単なるコピーとは違う)
  • データコピーの手間・労力の解消!(手間・労力を別の有意義な時間に)
  • 希望に極力添ってもらえるデータコピー(HDDからSSDに保存希望など)
  • 様々な記録媒体に対応できる専門性あり!(光ディスク・HDD・SSDなど)
  • 全国配送で対応!(近隣に専門店が無くても宅配で依頼OK)※送料は要負担
データコピーサービスお申込みは↓
@IDEA(アットアイデア)の
データコピーサービスこちら↓から
記録媒体復旧専門会社によるデータコピー!!
以下↓ボタンリンククリックしますと
データコピーサービスそれぞれの容量別の
データコピーのページ直接開きます
データコピー
手間労力解消!!

@IDEA:データコピーサービス

こちら↑のテキストリンク(@IDEA:データコピーサービス)からは、「データ復旧サービスと表示されるぺージが開きます。データ復旧サービスページから下にスクロールして中央あたりにデータコピー」項目があります。

「データコピーサービスの5つの魅力」イラスト

よろしければ参考になさってください。
ご覧いただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました